安全と安心を創造するプロフェッショナル ―― 一般社団法人 北海道警備業協会 ――

一般社団法人北海道警備業協会入会及び退会手続規程

(目 的)
第1条 この規程は、定款第7条及び第9条に基づき、会員として入会及び退会しようとする場合の手続きについて、必要な事項を定めることを目的とする。

(入会手続)
第2条 本会に正会員又は賛助会員として入会しようとする者は、その種別を明らかにして、入会申込書(別記様式第1号)を会長に提出するものとする。
入会申込書には、次に掲げる書類を添付するものとする。

(1) 正会員
ア 警備業法(以下「法」という。)第5条第2項に規定する認定証の写又は同法第9条に規定する届出書の写
イ 会社定款の写
ウ 会社登記簿謄本の写
エ 警備業賠償責任保険(附保証明書)
オ 労災保険、雇用保険、健康保険及び厚生年金等加入証の写
カ 代理人届(別記様式第2号。代理人を定める場合に限る。)
キ 当協会の会員1名による入会推薦書(別記様式第3号)
(2) 賛助会員
ア 会社登記簿謄本の写
イ 会社の履歴書

(代表者)
第3条入会者は、次の各号に定めるところにより、代表者を定めるものとする。

(1) 法第4条に基づく認定業者にあっては、当該会社の代表者
(2) 法第9条に基づく届出業者にあっては、当該会社の代表者又は当該届出営業所の  最高責任者
(3) 賛助会員にあっては、当該会社の代表者又は当該届出営業所の最高責任者

(代理人)
第4条前条第1号及び第2号の代表者は、当該会社内において代表者と同等の権限を 有する者をして、代理人を定めることができるものとする。
代理人を定める場合は、代理人届を会長に提出するものとする。
前項の代理人は、代表者から議決権の行使について委任する旨の委任状等がなければ、総会に出席し、議決権を行使することができないものとする。
会長は、代理人が第1項に定める権限を有していないと認められる相当の理由があ る場合は、当該代表者に対して代理人の変更又は交代を求めることができるものとする。

(入会審査)
第5条会長は、入会申込書の提出があった場合は、事務局に対し、入会申込者が第6条各号に掲げる不適格事項に該当するか否か等について審査させるものとする。
審査の結果については、速やかに会長に報告するものとし、入会申込者が第6条の不適格事項に該当し、又は入会が不適当と認めた場合は、その理由を付するものとする。

(不適格事項)
第6条入会申込者が次の各号に掲げる不適格事項の一に該当する場合は、入会できないものとする。

(1) 任意退会後1年を経ない者
(2) 除名後3年を経ない者。ただし、会費の未納により除名された者にあっては、未納会費を全納した場合に限り、期間を2年に短縮することができるものとする。
(3) 暴力団、暴力団関係企業、総会屋、社会運動標ぼうゴロ、政治活動標ぼうゴロ、特殊知能暴力集団その他の反社会的勢力(以下「暴力団等反社会的勢力」という。)である者(従業員及び法人の役員を含む。)及び暴力団等反社会的勢力に事業活動が支配され、又は影響を受けていると認められる者
(4) その他理事会において不適当と認める者

(理事会への付議)
第7条会長は、第5条第2項の審査結果報告があった場合は、入会の適否についての意見を付して理事会に付議し、その決議を得るものとする。

(仮入会)
第8条会長は、第5条第2項の審査結果により、入会が適当とされた場合に、前条の承認を受けるまでの間、仮に入会を認めることができるものとする。
仮に入会が認められた場合は、正会員にあっては、定款第19条第1項の議決権を除き、正会員と同一の権利を有するとともに、正会員としての義務が生ずるものとし、賛助会員にあっては、賛助会員として活動することができるとともに、賛助会員としての義務が生ずるものとする。

(通 知)
第9条会長は、仮に入会を認めた場合及び第7条に定めるところにより入会を承認され、又は不承認となった場合は、速やかに、それぞれ仮入会承認通知書(別記様式第4号)、入会承認通知書(別記様式第5号)入会不承認通知書(別記様式第6号)をもって、入会申込者に通知するものとする。
前項の入会の承認通知に当たっては、次の各号に掲げるものを貸与するものとする。

(1) 加盟員之証の楯(一般社団法人全国警備業協会の加盟員証に関する細則第3条)
(2) 加盟員之証(一般社団法人北海道警備業協会加盟員証取扱等規程第2条)

前条第1項の仮入会の承認通知に当たっては、同条第2項の趣旨について説明をするものとする。

(退会手続)
第10条会員が本会を退会しようとする場合は、退会届(別記様式第7号)を会長に提 出するものとする。
前項の退会届出に当たっては、前条第2項に定めるところにより貸与された、同項第1号及び第2号の加盟員之証を返納するものとする。

(変更手続)
第11条会員は、次の各号に掲げる事項に変更があった場合は、14日以内に変更届(別記様式第8号)を会長に提出するものとする。

(1) 会社名
(2) 会社所在地
(3) 代表者名又は代理人名
(4) 郵便番号及び電話、FAX番号
(5) ホームページ、Eメール

(支部長の経由)
第12条第2条第1項の入会申込み、第10条第1項の退会の届出及び第11条の変更の届出を行おうとする者が支部の区域内の者である場合は、支部長を経由するものとする。
支部長は、第2条第1項の入会申し込みを受理した場合は、速やかに、第2条第2項に掲げる添付書類をはじめ、定款第6条に定める会員の遵守義務の履行や支部の事業活動への支援、協力などについて確認した上で、正会員として相応しい者か否かを審査し、支部長の意見を付して関係書類とともに会長に送付するものとする。

附 則

  1. この規程は、一般社団法人北海道警備業協会の定款の発効の日(平成24年4月1日)から施行する。
  2. この規程は、一部を改正し、平成24年5月11日から施行する。
  3. この規程は、一部を改正し、平成27年4月1日から施行する。