安全と安心を創造するプロフェッショナル ―― 一般社団法人 北海道警備業協会 ――

一般社団法人北海道警備業協会支部設置規程

(目 的)
第1条この規程は、定款第49条第2項に基づき、支部の設置及び運営等について、必要な事項を定めることを目的とする。

(本 旨)
第2条支部は、定款第3条の目的を達成するため、当該地域の警備業者が連携し、コンプライアンスに徹した適正な警備業務を行い、もって地域における警備業の健全な発展を図るとともに、社会公共の安全・安心の確保に寄与することを本旨とする。

(支部の設置)
第3条本会に、次の各号に掲げる支部を置くものとする。

(1) 苫小牧支部
(2) 室 蘭支部
(3) 函 館支部
(4) 旭 川支部
(5) 帯 広支部
(6) 釧 路支部
(7) 北 見支部

各支部の区域は、別表のとおりとする。

(事業)
第4条支部は、協会の定める毎年度の事業計画等に基づき、次の各号に掲げる事業を 行うものとする。

(1) 定款第4条に掲げる事業及びそれに関連する事業
(2) 関係行政機関及び団体との連携
(3) 支部会員の意見、要望及び情報等の集約と協会への具申
(4) その他協会からの要請、あるいは支部長が必要と認める事業

(支部会員)
第5条支部会員は、当該支部の区域内に所在する、次の各号に掲げる全ての者(以下「支部会員」 という。)をもって構成するものとする。

(1) 定款第5条第1項第1号の正会員
(2) 前号の正会員の他の区域の営業所(同一正会員の営業所が複数所在する場合は、主たるもの一のみとする。以下「準会員」という。)

(支部会員の役割)
第6条支部会員は、支部が実施する事業活動に積極的に参加し、当該事業活動を通じ、支部における警備業の健全な発展と当該地域における安全・安心に努めるものとする。

(支部の役員)
第7条支部に、次の各号に掲げる役員を置くことができるものとする。

(1) 支部長  1名
(2) 副支部長 2名以内
(3) 幹事   若干名
(4) 会計監査 2名以内

(役員の選任)
第8条支部の役員は、第9条第1項に定める支部総会において、支部長は、第5条第 1号に定める正会員の互選により、その他の役員は、第5条に定める支部会員の互選 により、それぞれ選出するものとする。

(会議)
第9条支部の会議は、支部総会、支部臨時総会及び支部役員会とする。
支部総会は、毎年1回開催するものとする。
支部役員会は、概ね4半期毎に1回を目途に開催するものとし、支部長が招集し、会議を主宰するものとする。ただし、支部長が必要と認める場合は、その都度、開催することができるものとする。

(部会の設置)
第10条支部長は、事業活動の円滑な運営のために必要と認める場合は、理事会の承認を得て部会を設置することができるものとする。
部会の組織及び運営等については、支部毎に別に定めるものとする。

(事務局)
第11条支部に、事務局を置くことができるものとする。
支部長は、支部役員会の承認を得て、事務局の位置を定めるとともに、事務局長を 指名するものとする。

(経費の支弁)
第12条支部の活動に要する経費は、原則として、協会が支弁するものとする。

(事業計画、事業結果等)
第13条支部の事業計画、事業結果等については、毎事業年度ごとに支部 長が関係書類を作成し、翌年度開始後2週間以内に会長に報告し、理事会にその承認を得るものとし、これらを変更する場合も同様とする。

(支部運営要領の制定)
第14条支部長は、支部の運営上必要があると認める場合は、支部役員会の承認を得て、支部運営要領を制定することができるものとする。
支部運営要領を制定し、又は改正しようとする場合は、事前に理事会の承認を得るものとする。

(報告及び連絡)
第15条支部長は、この規程に定めるもののほか、次の各号に掲げる事項については、 その都度、それぞれ会長に報告するものとする。

(1) 第7条(支部の役員)、第10条(部会の設置)に関する事項
(2) 支部が行った事業の実施概要
(3) 支部会員の意見、要望
(4) 支部会員名簿の支部会員の異動事項
(5) 支部会員に係る警備業法違反など社会的反響の大きな事案
(6) 警備員の非行などの不祥事案及び重大な労災事故
(7) 会員間の紛議事案など将来社会的に影響が生ずるおそれがある事案
(8) その他警備業及び会員に関する情報等で、支部長又は支部役員が必要と認める事項

支部長は、協会の会議結果その他の連絡事項について、遅滞なく支部会員に伝達、連絡するものとする。

(準 用)
第16条定款第6条(会員の遵守義務)、第12条(拠出金品の不返還)、第16条(開催)、第17条(招集)、第18条(議長)、第19条第1項及び第2項(決議)、第20条(書面表決等)、第21条第1項(議事録の作成等)第26条(役員の任期)、第27条(役員の解任)、第28条第2項(役員の報酬等及び費用の支弁)、第36条(決議)、第37条(議事録の作成)及び第49条(事業年度)の規定は、これを準用し、「会長」とあるのは「支部長」と、「理事会」とあるのは「支部役員会」と、「協会」とあるのは「支部」と、「正会員及び理事」とあるのは「支部会員」と、「監事」とあるのは「会計監査」と、それぞれ読み替えるものとする。

附 則

  1. この規程は、一般社団法人北海道警備業協会の定款の発効の日(平成24年4月1日)から施行する。
  2. この規程は、一部を改正し、平成27年4月1日から施行する。



別 表

支 部 の 区 域


○苫小牧支部
胆振総合振興局(苫小牧警察署管内に限る。)及び日高振興局管内の各市町村の区域
○室蘭支部
胆振総合振興局(苫小牧警察署管内を除く。)管内の各市町村の区域
○函館支部
道警函館方面管内の各市町村の区域
○旭川支部
道警旭川方面管内の各市町村の区域
○帯広支部
道警釧路方面管内の内、十勝総合振興局管内の各市町村の区域
○釧路支部
道警釧路方面管内の内、釧路総合振興局及び根室振興局管内の各市町村の区域
○北見支部
道警北見方面管内の各市町村の区域