安全と安心を創造するプロフェッショナル ―― 一般社団法人 北海道警備業協会 ――

一般社団法人北海道警備業協会会費等納入規程

(目 的)
第1条この規程は、定款第8条第4項に基づき、会費及び入会金の納入方法等について、必要な事項を定めることを目的とする。

(会費の納期と納入)
第2条会費の納期は、次の各号に掲げる4期とする。
(1) 第1期 4月1日から6月30日まで
(2) 第2期 7月1日から9月30日まで
(3) 第3期 10月1日から12月31日まで
(4) 第4期 翌年1月1日から3月31日まで
会費は、各納期ごとに3か月分を一括して初月(4、7、10及び翌年1月)の27日(土・日・祝祭日に当たる場合は、前日)までに納入するものとする。ただし、2期分以上を一括して納入することができるものとする。
会費の納入は、原則として、銀行等金融機関の自動引き落しによるものとする。ただし、「会費納入請求書」による納入を希望する場合は、これによることができるものとする。

(会費納入の一時免除)
第3条会員が自然災害、火災等により警備業務を営むことができなくなった場合は、会費の納入を一時免除することができるものとする。
会費の納入を一時免除する期間は、当該事由が生じた日の属する当月分から、営業活動ができることとなった日の属する当月末までの間とする。
すでに会費を納入している場合は、当該期間を月割りにして返納するものとする。
会費納入の一時免除を受けようとする者は、当該事由が生じた日から1か月以内に、「会費納入の一時免除について」(別記様式第1号)を会長に提出するものとする。
会長は、第1項の事由があると認める場合は、当該会員の会費納入の一時免除を決定し、その旨を通知するものとする。
会長が前項の決定をした場合は、直近に開催される理事会に報告し、その承認を受けるものとする。

(途中入会者の会費)
第4条納期の途中で入会した場合の会費は、入会の日の属する当月分からとし、月割りで納入するものとする。
会費納入方法にあっては、第2条各項の規定を準用する。

(入会金の納入)
第5条入会金は、事務局から送付する「入会金納入請求書」により、初回の会費納入に合わせて納入するものとする。

(滞納会員の取扱い)
第6条会長は、会員が6か月以上会費を滞納するに至った場合は、その直近に開催される理事会に報告するものとする。
理事会は、必要により適正化委員会に調査をさせた上で、次の各号に掲げる当該会員の処遇等について決議するものとする。

(1) 口頭又は書面による会費納入の督促
(2) 納付期限及び除名処分移行条件付き会費納入の催告
(3) 除名処分相当

会費滞納の起算日は、滞納が始まった納期の最初の日とする。

附 則

  1. この規程は、一般社団法人北海道警備業協会の定款の発効の日(平成24年4月1日)から施行する。